ユンボをレンタルして家を解体しました

田舎の親が亡くなって小さな家が残ってしまいました。
私は今は都会に家を買って生活していますが、定年になっているので時間がありました。
それで田舎の土地を売ろうとしたのですが、建物が建っていると売れないと言うことでしたので潰してもらおうと思って解体屋さんへ頼もうと思ったのですが、頼むより自分で潰した方が安く上がるのではないかと考えつきました。
と言うのは私は若い頃工務店で働いており、解体作業も手伝ったことがありました。
だから経験から言うと小さな家なら時間さえあれば一人で潰せると思ったのです。
一人で潰すと言ってもまったく一人では時間が掛かり過ぎるので、昔工務店で一緒に働いていた友達がいるのでその友達に日当を払うから手伝ってくれないかと頼んでみたのです。
そしたらお金がもらえるのなら手伝うよと言うことだったので、ユンボとダンプをレンタルして二人で潰すことにしたのです。
ユンボはそのダンプに積んで運んで行きましたが、やはり思った通り家が小さかったので二人でもそれほど日数を掛けずに潰すことが出来ました。

ユンボがあると小さな家ぐらいなら簡単に潰せるわけで、業者に頼むとかなり損をする感じです。
ただ、これは田舎ですぐ横に家がないからできることであり、家があると隣の家に万が一のことがあったら大変なのでその場合は業者に頼んでいたと思います。
私の親の家は周りに家がなかったので周りに被害を出すようなことがないことが分かっていたのでできた事ではあります。
家を作るのは大変ですが、木造の家を潰すのはそれほど面倒なことではないわけです。
そのことは若い時工務店で何度か経験していたので、思った通りにやることが出来ました。
家を潰す時に出た木材辺や土砂はそれを捨てさせてくれる業者があるのでそこへ持って行って捨てました。
実際に家を潰す為に費やした費用の合計はレンタル代も含めて依頼した時の半分以下で済ますことが出来ました。
手伝ってくれた友達の所も田舎に家があるそうで、もしそれを自分で潰すつもりなら手伝うからと言っておきました。